アクセス
PC・スマートフォンから予約 診察予約・診察受付はネットで!
QRコードからアクセスして下さい。
※自費美容診療の予約はお電話で
診療時間 10:00~13:00 16:00~19:00
休診日 第1・第3土曜、日曜、祝日

English
トップ > 一般皮膚科診療 > ナローバンドUVB照射療法(保険適応)

一般皮膚科診療 ナローバンドUVB照射療法(保険適応)

ナローバンドUVB照射療法とは

ナローバンドUVB照射療法とは、太陽光に含まれる紫外線(UVA、UVB、UVC)のうち、従来使用されていた長波長紫外線(UVA)より治療効果の高い、限られた波長の中波長紫外線(ナローバンドUVB:311±2nm)を照射する治療方法です。

紫外線(ナローバンドUVB)は、肌の健康や骨の形成に必要なビタミンDの生成を助け皮膚内の免疫異常を整える効果があります
そしてこの使用する波長(311±2nm)は、日焼け(Sun burn)を起こす300nm以下の波長を使用しないため、紫外線照射療法に伴うトラブルを大幅に減らすことが可能になりました。

適応疾患

もともと長波長紫外線(UVA)を利用した紫外線治療は古くからおこなわれており、
その頃から尋常性乾癬、類乾癬、アトピー性皮膚炎での有効例は多く報告されています。
特に内服・外用療法ではなかなか良い効果が得られなかった患者さんでも、
紫外線治療の併用によって相乗的に改善していくことが可能です。

その他、尋常性白斑、菌状息肉症なども保険治療の適応となります。
また報告は少ないものの、扁平苔癬、円形脱毛症にも有効とされています。
現在では保険治療として、より安全に紫外線治療が行えるようになりましたが、
下記のような方は治療できません。

・敏感肌の方
・日光や紫外線による過敏症(日光過敏症)
・皮膚の悪性腫瘍や日光角化症のある方
・免疫抑制剤を内服中の方
・妊娠中、授乳中の方

ナローバンドUVB照射療法の流れ

ナローバンドUVB照射療法の適応疾患の患者さんのうち、内服・外用療法で効果が今一つ、
外用がなかなかできない方、そしてまめに通院できる方が適応になります。
初期は2~3回/週で通院していただき、照射を開始します。
短時間の照射から開始し、反応を見ながら徐々に長く当てていきます。
ほかの紫外線療法と異なり、治療前後に軟膏を使用する必要ありません。
照射時間は長くても数分以内です。

副作用は?

長期的な副作用として、紫外線の繰り返し照射に伴う遺伝子・DNA傷害により皮膚癌の発症率の上昇の可能性はあります。
ですが最近では、このナローバンドUVB照射療法では皮膚癌の発症率は上昇しないという考えが一般的になってきました。
また短期の副作用としては、肌のほてりや発赤、色素沈着(日焼け)などがありますが、
他のUVA等を使用する紫外線療法より起こしにくいと考えられています。

紫外線治療の効果

ナローバンドUVB照射療法により、
1)皮疹のかゆみを早く抑える。
2)皮疹の改善に伴い、軟膏の外用量が少なくて済む。
3)治療効果が持続し、再発予防ができる。
4) 肝硬変や血液透析に伴う慢性的なかゆみを抑える。
などの効果が期待できます。
しかしながら、ナローバンドUVB照射療法はあくまで補助的な治療ですので、
まずは内服・外用療法をしっかり継続していただき、それに追加で行う方が有効的です。

くわしくは担当医にご相談くださいませ。